[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
  • 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
Activity

アクティビティ

プロジェクト紹介

アレルギーを治す
花粉症などアレルギーの完治を目指して、治療法を研究しています。
がんの免疫細胞療法
NKT細胞というリンパ球の一種を標的にして肺がんを治療する、免疫細胞療法を開発しています。
免疫不全症研究への取り組み
原発性免疫不全症の原因遺伝子の確定と免疫学的解析を行っています。
「ヒト化マウス」を用いて医療を大改革!
基礎研究から臨床応用への橋渡しとなる基盤技術として、免疫系ヒト化マウスの開発を行っています。
免疫イメージング技術の開発
免疫細胞・分子の時間的、空間的な解析を行い、免疫細胞の包括的な理解を目指しています。
iPS細胞から免疫細胞をつくる!
がんなどの治療に役立てるため、iPS細胞から免疫細胞を作製しています。
人工リンパ節で免疫力を強化しよう
感染症やがんなどに役立てるため、人工のリンパ装置を開発しています。

研究者インタビュー

研究者インタビュー

RCAI研究者へのインタビュー(理研ニュースより)

RCAIビデオライブラリー

RCAIビデオライブラリー

免疫・アレルギー科学 総合研究センター の活動を動画でご紹介します。