[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
  • 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
Laboratories

サイトカイン制御研究グループ

谷口 克

グループディレクター谷口 克

免疫応答制御や免疫システムの恒常性維持に重要なサイトカインシグナルの免疫応答における役割を明らかにします。
 

当研究室ではマスト細胞の基礎研究を行なっている。長期的には、この基礎研究の成果をもとに、喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎などの治療薬を開発したいと考えている。

本研究グループでは、免疫システム恒常性維持や免疫応答の制御に密接に関与しているサイトカインに注目し、そのシグナル伝達機構を解明し、さらにはその異常によって生じる自己免疫疾患やアレルギー性疾患の発症機構を明らかにすることを目的としています。特に、IL-6ファミリーの受容体であるgp130やアダプター分子Gabファミリーを中心に研究を行っています。最終的には、アレルギーや自己免疫疾患の治療法の開発を目指します。

    主な研究テーマ
  1. サイトカインによる免疫恒常性制御機構の解明
  2. シグナル伝達異常等の免疫恒常性破綻による自己免疫疾患発症機構の解明
  3. 肥満細胞の脱顆粒及びサイトカイン産生等のアレルギー・炎症反応分子機構の解明
サイトカイン制御研究
サイトカイン制御研究

所在地:横浜研究所 北研究棟5階