[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
  • 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
Laboratories

免疫器官形成研究グループ

古関 明彦

グループディレクター古関 明彦

恒常性を維持していく上で必須であり、エピジェネテックな転写制御メカニズムである、 ポリコーム群とよばれる染色体修飾タンパク群に注目し、遺伝子とどのように相互作用するのか、 その相互作用はどのように制御されるのかについて解析をします。

エピジェネテイックな転写制御メカニズムは、発生過程や成熟した臓器のホメオスタシスを維持していく上で必須であることが明らかになってきた。この分子機序は、各遺伝子座における染色体構造の変換やその後の維持を行い、様々な細胞機能発現に寄与する。私達の研究グループは、ポリコーム群とよばれる染色体修飾タンパク群が、Hox遺伝子座をはじめとする多くの標的遺伝子座とどのように相互作用するのか、その相互作用はどのように制御されるのかについて、マウス遺伝学と生化学的手法を組み合わせた系統的な解析を試みている。これまでに、コアとなるタンパク複合体の構成がほぼ明らかにされ、現在これらの機能制御機序についての解析に主眼をおいて研究を進めている。また、RCAIのマウスコアとして、新たな遺伝資源の開発、保存及びマウスコアの運営を行う。

所在地:横浜研究所 北研究棟2階