[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
  • 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
Laboratories

免疫制御研究グループ

谷口 克

グループディレクター谷口 克

  免疫制御研究

免疫システムは外界の敵から身を守るため、また自分と自分以外(自己と非自己)を区別するために存在します。免疫システムの異常によりさまざまな疾患が発症しますが、それらの中にはリウマチ関節炎、SLE、I型糖尿病、強皮症などの自己免疫病や喘息などのアレルギー疾患が含まれます。また、臓器移植はこの免疫の作用を押さえなければ永久生着しません。このように、免疫系を理解し制御する方法を持つことは健康な生活を送る上で重要なことと言えます。さて、免疫系を司る細胞の中には好中球、樹状細胞、T細胞、B細胞など様々な細胞が含まれますが、私たちは新たにNKT細胞という新しいリンパ球が存在することを発見しました。NKT細胞は様々な免疫反応において重要な役割を果たしています。私たちは、このNKT細胞の機能解析を中心に、免疫制御の方策を日夜研究しています。

NKT細胞を利用した免疫制御の一例

図1.マウス胎仔造血における系列決定の過程と胸腺への前駆細胞の移住

Vα14 NKT 細胞の特徴

図2.Vα14 NKT 細胞の特徴

所在地:横浜研究所 北研究棟6階