[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
  • 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
Laboratories

ワクチンデザイン研究チーム

石井 保之

チームリーダー石井 保之

アレルギーの根治的治療法を開発するために、減感作療法(げんかんさりょうほう)に代わる安全で効果的なアレルゲン特異的治療法の研究を行います。

アレルギー疾患として、花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎、アトピー性喘息や食物アレルギーが特に有名ですが、それらに対する治療法や医薬品の多くが、アレルギー応答の後期を標的にした対症療法であるため、根本的な治療にいたらないのが現状です。私たちの研究チームでは、アレルギー疾患を根治させる技術として、免疫寛容の誘導に関与する樹状細胞(tolerogenic DC)、制御性T細胞やNKT細胞を生体内で誘導する機構について研究しています。免疫寛容とは抗原(アレルゲン)特異的に免疫応答能が失われている状態をいいますが、アレルギー応答の場合、その初期の段階であるアレルゲンを処理した抗原提示細胞の分化とT細胞の活性化およびIgE抗体(アレルギーの原因物質)を産生するB細胞分化が抑制されることになり、後期のアレルギー応答も完全に遮断できると考えられています。現在までに、NKT細胞を活性化するCD1dリガンドとアレルゲンを含有するナノカプセル(免疫制御リポソーム)を作製し、マウス体内で免疫寛容を誘導することに成功しています。今後、スギ花粉症治療用に免疫制御リポソームを製造し、その有効性と安全性を動物試験で確認した後、実用化を目指したトランスレーショナルリサーチを推進していく予定です。

CD1dリガンドとアレルゲンを含むナノカプセルで生体内の免疫制御機能を活性化する

所在地:横浜研究所 北研究棟4階